本文へスキップ

頭痛Q&A|レディース鍼灸さいとう名古屋

電話でのお問い合わせはTEL.052-331-3389

名古屋市中区上前津2-14-7 上前津ハイネス1F

頭痛Q&Aqanda

頭痛

Q:頭痛にはどんな種類がありますか?

頭痛の原因は様々ですが、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛(=一次性頭痛)と、病気が原因であらわれる頭痛(=二次性頭痛)に大別できます。

代表的な一次性頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛の3つです。 緊張型頭痛と片頭痛は、混在する人もいます。

Q:緊張型頭痛とはどんな頭痛ですか?

頭痛全般的に最も多いのが一次性頭痛に分類される緊張型頭痛です。年齢や性別を問わず、誰もが発症する可能性のある頭痛と言えます。

精神的なストレスや長時間のデスクワーク、スマホの使い過ぎなど同じ姿勢を続けることによって、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことで頭痛が起こります。緊張型頭痛に関係する筋肉は、首や頭から肩、背中にかけて走行しているため、肩や首のこりを伴う人が多いです。

後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛みです。範囲が広くなると、目も開けられなくなるまで痛みます。

Q:緊張型頭痛には種類がありますか?

緊張型頭痛の分類は、2004年に公開された国際頭痛学会分類 改定2版(ICHD-U分類)にもとづいて分類されます。主な種類としては3種類

2.2 頻発反復性緊張型頭痛
2.3 慢性緊張型頭痛
2.4 緊張型頭痛の疑い

Q:緊張型頭痛は鍼灸治療で良くなりますか?

日本頭痛学会(慢性頭痛の診療ガイドライン)では
「鍼灸は、3ヶ月以内の短期有効性に加え、その後の長期間では、より効果があると推察されているが、よりいっそうの検討が必要であろう。」といわれています。

実際、軽い緊張型頭痛では、1回の治療でも改善されます。

 頭痛に対する鍼灸治療は、有効性は様々な研究機関で認められていますが、それでも現在、有効性を裏付けるための研究、発表、認定が不十分な状態です。そのため、当院では、筑波技術大学と提携して、頭痛に対する鍼灸治療の有効性と費用対効果を裏付けるための臨床研究プログラムに参加し、鍼灸治療の発展に努めています。

Q:頭痛の患者さんは多いのでしょうか?

頭痛は、国民の1/4が訴える愁訴である。多くは、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの一次性頭痛である。特に慢性頭痛は、3000〜4000万人いると言われており、著しくQOLを低下させることが報告されている。また、片頭痛では、1年間発作に悩まされずに健康に暮らすためには約200万円の余計な支出が必要となることが報告されている。頭痛は経済的損失が大きいと言える。一方で、頭痛は鍼灸の臨床においてよく遭遇する疾患である。臨床研究も散見でき、その有効性が頭痛ガイドラインに示されている。しかし、鍼施術の費用対効果については明らかにされていない。国民医療費が増大する中で、鍼治療の費用対効果を示すことは大変意義深い。また、鍼灸治療の良いところは、妊娠中でも鍼灸治療が可能なことです。薬物療法と違い、体に負担をかけず副作用もないため、頭痛の治療が可能になり、切迫流産等の予防も可能です。

Q:片頭痛とはどんな頭痛ですか?

片頭痛は、20代から40代の女性に特に多くみられ、緊張型頭痛の次に多い頭痛です。
片頭痛の原因は、頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こしたためと考えられています。 ストレスや疲労の他、女性に多いことから、女性ホルモンが何らかの形で関わっていると見られています。
片頭痛の症状は、ズキズキと脈打つような強い痛みで、光や音に敏感になったり吐き気などを伴います。
また、頭や体を動かすと、頭痛を誘発する傾向があります。 頭痛の前兆として、チカチカとした光が見えることもあります。
一般的な頭痛薬が全く効かない場合は片頭痛の可能性が高いとも言えます。

Q:片頭痛には種類がありますか?

片頭痛の分類は、緊張型頭痛同様に、国際頭痛学会分類 改定2版(ICHD-U分類)にもとづいて分類されます。
ICHD- Uは階層的な分類( hierarchical classification )を採用しており,通常の一般診療では 1 桁(頭痛タイプ)または 2 桁(サブタイプ)のレベルの診断の使用で可能であるが,専門診療,頭痛センター等の診療では, 3 桁(サブフォーム)レベルまでの診断が勧められています。

  • 1  片頭痛
  • 1.1 前兆のない片頭痛
  • 1.2 前兆のある片頭痛
  • 1.3 小児周期性症候群
  • 1.4 網膜片頭痛
  • 1.5 片頭痛の合併症
  • 1.6 片頭痛の疑い

Q:私の頭痛は、薬を飲んでも効く時と効かない時があります。

おそらく、その頭痛は混合型の頭痛の疑いもあります。ただ単純に、頭痛の症状が強くて薬が効きにくい場合もありますが、一般的な頭痛薬は緊張型頭痛の薬なので、片頭痛も併発していると効果がないです。
鍼灸治療の場合、緊張型頭痛に対しても、片頭痛に対しても薬よりも即効性があり、再発しにくくなります。また、胃が荒れるなど薬のような副作用もありません。

Q:片頭痛のような痛みと目の奥が激しく痛む時があります。

このような場合、眼精疲労も強い緊張型頭痛も考えられますし、片頭痛の時もあります。また、群発頭痛といったものや、まれに帯状疱疹などヘルペスウイルス関係の感染症も考えられます。現在お持ちの症状を総合して診断しなければなりません。もちろん、鍼灸治療も可能ですが、ウイルス感染がある場合、鍼灸治療と並行して、病院での抗ウイルス薬を処方してもらうことが望ましいかもしれませんね。

Q:頭痛がひどくて吐いてしまうこともありました大丈夫でしょうか?

クモ膜下出血や脳腫瘍など、重篤かつ、緊急の処置を必要とするケースがあるため、早期の診断と対処が必要です。 経験したことのない強い頭痛が突然現れたり、手足の麻痺やしびれ・痙攣や、激しい嘔吐、高熱などを伴う頭痛が起きた時はすぐに救急車を呼ぶなどしなければなりません。 また、帯状疱疹など、ウイルス感染による頭痛の場合も注意が必要となります。だた単純に緊張型頭痛がひどいときもあります。

Q:頭痛は、スジが凝っているということですか?

頭痛の原因には、表面的な筋肉や奥にある後頭下筋群という、いくつかの筋肉が凝っている状態のことがあります。
 後頭下筋群とは、頭の後頭骨から首の骨(頚椎)に、付いている筋肉で最も深い所にある筋肉で、小後頭直筋、大後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋の4つの筋肉から構成されています。

 後頭下筋群が緊張してくると、この筋肉の奥にある後頭下神経、大後頭神経、小後頭神経が圧迫され頭痛や頭重感、首の思い痛みなどが出てきます。
特に、リウマチの方や交通事故でのむちうちを経験している方は症状が強く出やすい場所です。
緊張型頭痛では、筋肉の凝りが原因で血管が収縮されてしまうことがあります。また、そのほかの頭痛でも、随伴症状として首の筋肉の凝りがあらわれることもあります。

Q:朝起きると頭痛がします。どうしてでしょう

起床時のみ頭痛が起きる時は、低血圧であったり、睡眠時無呼吸の症状があったり脳貧血の状態にあります。子供では起立性障害などを考えられることもありますので、一度しっかりと診察、治療しましょう。もちろん、鍼灸院でもできますのでお気軽にご相談下さい。

Q:頭痛を予防できる方法はありますか?

頭痛の予防には、十分な睡眠と適度な運動、気分転換が効果的です。ただ、現代社会では、そのようなことが実践できないことが多い人が多いため、鍼灸治療という選択肢もあります。また、予防法としてツボ押しするもの効果的です。

Q:頭痛を予防や対処できるツボはありますか?

頭痛の対処法には、頭維、天柱、肩井などがご自身でもやりやすいツボです。

頭維は、こめかみよりも後ろにあるツボで、西洋医学的にも東洋医学的にも偏頭痛に効果があり、急にキリキリと痛むとき、生理前後になると片頭痛があらわれるときなどによく使うツボです。
頭維を適切に刺激することで、肩こりで誘発される頭痛も、頭痛によって誘発される肩こりも楽になります。
頭維の場所には側頭筋が分布していて、眼精疲労などによる側頭筋の過緊張を直接改善することもできます。また、後頭神経痛の治療にも使用します。

天柱は、首、肩のこり、頭痛、顔の症状に対してよく使用するツボで、首・肩のこりが頭痛の原因となっている時、必要となってきます。天柱の位置は、ちょうど首の付け根で頭を支えているためこりやすい場所です。

肩井は、肩甲骨や腕を支えている一番中心的な部分にあるツボで、肩がこった時、よく手がいく場所でもあります。また、東洋医学では、肩井は、内臓全体を吊り下げ支えているという考え方もあり、この部分がこってくると頭痛や肩こりだけでなく、胃下垂や便秘、痔、不妊の原因や、出産予定日になっても陣痛が来ないような症状が出てきます。

また、女性ホルモンのバランスを整えるために三陰交というツボを温めてあげるのもいいでしょう。三陰交は、女性を治療するうえで代表的なツボです。主に、女性ホルモンの働きを整え、女性らしくしてくれるツボです。

 三陰交は、生理痛を和らげたり、生理周期を整えたりすることで頭痛や肩こりなどの緩和につながります。男性にとっての三陰交は、足の冷えなどを改善させることができ、下半身の血流改善をすることで上半身の過剰な血圧を下に分散させたり、逆に血液を押し上げる効果があることで頭痛の改善につながります。


Q&Aトップに戻る


shop info店舗情報

レディース鍼灸さいとう 名古屋

名古屋市中区上前津2-14-7
上前津ハイネス1F
TEL.052-331-3389